fc2ブログ

あれから一年

まきちゃんについて
08 /01 2016
20160801-1.jpg
2015年8月7日撮影


夏の暑い日、あなたは突然うちのガレージに現われた。
ものすごいしわがれた声でぎゃーぎゃー鳴いてて。
気になった私は声をかけてしまった。
「どうしたの?なんで鳴いてるの?」


20160801-2.jpg
8月7日撮影


そのせいなのか次の日もあなたは現われた。
今度は登校する息子にすがりついてきたり
出勤する私の自転車の前に出たりした。


うちは もう 助けられない


私は前回二度、猫を保護していてその時に身内に散々責められたし(身内は私を心配して色々言っている)
金銭も大変だった。
つまり二度経験があるだけにどれだけ大変か重々わかっている。
家にいる猫が一番大事だし。


20160801-3.jpg
9月18日撮影


でもやっぱり気になって
いけない事とわかっていたけどご飯をあげた。
あなたはむさぼるように口に入れたけれどもその口に入れたご飯は無残にも口の箸からボロボロとこぼれ
こぼれたご飯もうまく舌でとれない。


この子 カリカリが食べられないんだ…


その時はじめてこの子の口腔内に気付く。
ヨダレをだらだらと垂れ流し、肉が腐ったような匂い、真っ赤な口…


病気持ちだと確信した。



20160801-4.jpg
10月15日撮影


正直いなくなってほしい、と思った。
でもやっぱり気になって 何度か見に行って
次の日はいなくなっててほっとして ほっとする自分に自己嫌悪した。


でもあなたはまた現われて私の顔を見て鳴いたね。



20160801-5.jpg
12月31日撮影


私はあなたを抱いて病院へ行った。
あなたの身体は恐ろしいほど軽くて…
酷い伝染病でなければいい、と願ったけど 先生は
「白血病だよ」

その時は目の前が真っ暗だったよ。


20160801-6.jpg
2016年1月6日撮影


ショックを受けて立ちすくんでる私を見て 先生は
「家に入れなくても外でお世話してもいいんだよ」って
気遣ってくれたの よくわかった けれど
こんな、1.2㎏しかなくてカリカリが食べられない子
この暑い中どうやって生きていくんだろう?
そう思ったら家に入れる選択しか私にはなかった。



あなたを連れて家に帰るときずっと泣いてた。
色々言われるのもつらいし
先住の猫達の遊ぶスペースも奪ってしまう。
うちは裕福でもない この先この子にどれだけお金がかかるんだろう?
先住猫達に病気が伝染してしまったらどうしよう?
なんで拾ってしまったんだろう…



20160801-7.jpg
5月22日撮影


あれから一年。
心配していたこと 沢山あったけどなんとかなるもんだね。
今ではもう周りも何も言わなくなった。
先住猫達もあなたの住む部屋には近づかなくなった。
あなたも抜歯手術を耐え、二回三途の川を渡りかけたけど帰ってこれたね。



20160801-8.jpg
6月2日撮影


今幸せ?
ご飯足りてる?
狭い部屋だけど許してね。
でもあなたを傷つけるものは誰もいないよ。



20160801-9.jpg
7月22日撮影


私ね 今はあなたを助けてよかったと心から思う

あなたも 助かってよかった ここに来てよかった と思ってくれてたら



嬉しいな。



↓ぽちっとお願いします<(_ _)>

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ MIXサビ猫へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

泣泣泣泣泣泣泣泣
ちいまろさん、あなたがまきちゃんに
心を砕いたこの一年の色々は、
なかなか誰にでもできることではないです。
綺麗事では片付けられないこともいっぱいあったことでしょう。
心から尊敬します。

まきちゃん、ちいまろさんへの恩返しは
元気になることだよ〜頑張ろうね♥️

No title

猫ウイルス性鼻気管炎の老猫を保護したことがあります。
その子は歳のせいもあってか半年後に看取る形となりましたが
その時他に飼い猫はなくその点に神経を割く必要はありませんでした。

ちいまろさんは先住猫あり、しかも伝染性の怖い病気、
よほど苦悩されたかとお察しします。

しかし現在まきちゃんがこうして生命をつないでいられるのは
紛れもなくちいまろさんのおかげです。
まきちゃんがこれほど心を許しているのは
それがわかっているからだと思いますよ。
まきちゃんは幸せです。

No title

読みながら泣いてしまいましたゥゥ。・(つд`。)・。
1年前の葛藤。
ほんとによくわかります。
先住猫がいて保護する大変さ、
きれい事だけでは無いですよね(´・_・`)
野良猫に餌をあげてはいけない。
頭では理解できていて何故いけないかもわかってる。
でも、目の前でお腹空いたと懇願されると猫好きに無視することは出来ないと思います。

まきちゃん2度も川を渡りかけたのに戻ってきたのはちいまろさんの愛情に応えたかったのではないでしょうか?(๑•᎑•๑)
そう思って良いのではないでしょうか(*ˊᵕˋ*)
だってまきちゃんはとっても穏やかな顔をしてるから(*ˊᵕˋ*)

まきちゃんの、そしてコテツくん、カリーナ嬢、しのさんの幸せを考え続けるちいまろさんはやっぱり素敵です(*ˊᵕˋ*)

No title

まきちゃんは1年で、かなり良くなったのですね。
お世話は大変だったでしょうが、
今は幸せそうな顔をしていますよ。

まきちゃん、ちいまろさんに拾われてよかったね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

いろんな葛藤と戦いながら
よくぞまきちゃんを保護してくれましたね( ノД`)
そしてこの1年間一生懸命の愛情を注いで…

まきちゃんのモフモフされて喜んでる姿を見ると
間違いなく
まきちゃんは幸せですよ♡

みんなも応援してますから
頑張って悪い菌をやっつけようね(*^-゚)v♪

モコマダムさん、ありがとうv

自分でも色々思い出しながら「あーつらかったなー」って涙しながら書いちゃいました、てへ(^_^;)
でも過ぎ去ってみればなんとかなるもんですね。
そうそう、恩返しは元気になる事ですv

できたら白血病が治ってほしいな…そしたらネコカゼの治療も効果が良く出てくるだろうし、ねー。

キノボリネコさん、ありがとうv

キノボリネコさんも苦労されたんですね。
そうなんです、他に猫、飼っていなければ気も楽だったんですけど…。
他の動物なら伝染らない病気ですしね。
でも仕方がない、なんとか目の前でできる最善の方法を一つ一つやっていくしかなかったですね。
まあおかげさまで「勉強になったなー」、と今は思ってます(^o^)丿

一番酷かった山は越えたとはいえ、まだまだ出口の見えない事ですので、それなりに頑張っていきますよ~(^o^)ノシ
いつも応援ありがとうございます❤

きなこママさん、ありがとう~v

弱虫ですぐくよくよ考えてしまう私にとって一緒に共感してもらえることは何よりも元気を生まれさせてくれます。
泣いてくれてありがとう~v
私も思い出しながら、泣きながら書いてました。
思い出すと当時の辛い感覚がよみがえってくるもんで…(^_^;)
でもまあなんとかなるもんですね。
ほんとにまきちゃんはお世話しやすいいい子で…なのでいつか辛さはなくなってました。
彼女なりに何か感じ取ってたのかもしれないですね。
動物って賢いですから。

褒めて下さってありがとうです…照れますがww

チョコラさん、ありがと~v

「今は幸せそうな顔をしていますよ」
って嬉しいお言葉ありがとうございますv
他人様からそう見えることが私にとって一番のご褒美ですね(*^。^*)

ようニャンさん、ありがと~v

これ書いてる時当時の辛かった事とか思い出しちゃって泣けてきました。
今は勿論平気でしれっとしてるので大丈夫ですよ!
不安な事が沢山ある上に周りの人を一一説得して行かないといけないのでそういうのとかがものすごく重かったなあ…。
1人で生きてる訳じゃないもんで、勝手な事するのも申し訳なくて。

でもまあなんとかなるもんです。
抜歯手術のあたりが一番大変だったけどアレをすぎたらもう対処療法しかないし…。
他の猫達もあの部屋に近づかなくなったので(察してくれたのかな?)精神的にぐっと楽になりました。

応援ありがとうございます~(^o^)丿
これからも頑張りますv

No title

ダメだ、涙が…
私、最初から読んでるから、
いろいろ知ってるつもりでいたけど…
まきちゃんはきっとちいまろさんに助けてほしくて、
何回もちいまろさんの前に姿を現したんですね。
そしてそれは大正解だったと。
時間が解決してくれることはいろいろあるけど、
時間だけじゃ解決できないこともたくさんある。
まきちゃんの生きたいという気持ち、
ちいまろさんの愛情や周囲の理解、
そういうものがあったから、今があるんですね。
モフらせ放題のまきちゃん、もし口がきけたら、
ちいまろさんに「ありがとう」って絶対に言うと思う。
だってまきちゃん、幸せそうだもん。
ちいまろさんがまきちゃんを助けてよかったと思っていることも、
私にはすごく嬉しかったです。
これからも応援し続けますね!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

るうさん、いつもありがとうv

るうさんはブログ開設後すぐくらいから読んでくれてましたね。
ちょこーっとずつしか前に進んでない治療ですが
いつもいつも温かい、励ましの言葉をありがとうです。
ブログ始めるのもかなり悩んでようやく開いたんですが
今では開設してよかったな~って思ってます。
こちらこそ、これからも応援して下さると嬉しいですv

まきちゃん、幸せそう
って思ってくれてありがとう、嬉しいですv

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

もう、1年なんですね!

涙無くしては読めませんでしたわ。
まきちゃんも、ちいまろさんも良く頑張りました!
💮ですね!
当時は頭が真っ白になったと思います。私もそうでしたが、なるようにしかならないと開き直りました。
白血病の子を3匹見送って・・・今では遠い昔のような気もします。
闘っている時は本当に辛いですが・・・・
まきちゃんは本当に1日1日生きてるぅ~がんばってるぅ~って、判ります。1年前より、綺麗に若々しくなってますよね、これもちいまろさんの頑張りでもあります。本当に本当に有難う!って言ってるよ、まきちゃんは・・・(私もですが)

めいぴーさん、ありがとうございます~(^o^)丿

一緒に泣いて下さってありがとうございます…!
めいぴーさんの辛かった記憶を刺激してしまっていたらごめんなさい…!<(_ _)>
でもやった人なら分かると思うんですが確かに辛くて泣くことも沢山ありましたが嬉しい事もありましたよ…ね?
記事の通り「なんで拾ってしまったの」と当初は思いましたが
拾わずに後で後悔する事も怖かったんだな、私、と今は思います。
まきちゃん、綺麗に若々しくなってるって言ってくれて嬉しかったです。
ありがとうございました<(_ _)>
これからも応援よろしくお願いします❤

No title

今まさにネコジルシから、こちらのブログを教えて貰って拝見しています。
我が家も拾った野良の子が最近、白血病キャリアだと判明しました。
それまでは貧しいながらも大事に室内飼いにして、ただ普通にこれからも歳とっていくんだと当たり前に思っていたのに、突然一匹が原因不明の病で倒れました。
我が家は母子家庭で大学病院での手術にて30万円と言われ、これほどに貧しい事が悔しいと思った事はありませんでした。ですが手術もできないままに亡くなりました。残った別の子にキャリア陽性反応が出ました。元気な別の子達と隔離して現在は生活していますが、あとは発症を遅らせるために毎日色々とネットで調べたり、せめてサブリを取り寄せたりしています。
ほんの少しの変化が過敏になって夜も寝付けなかったり、またお金の事を考えたり、今まだ始まったばかりですが、それでもまきちゃんのように家の猫も少しは「この家で良かったな」と思って貰えればと、あとは死にゆくときに痛みが少なければ良いなと願うばかりです。
お気持ちにとても共感しました。私もちいまろさんも同じくキャリアであろうと出会えた幸せを伝えてあげたいですね。どうぞご自愛ください

チィパッパさん、コメントありがとうです<(_ _)>

はじめまして、コメントありがとうございます。
大変だったのわかります。
うちのブログがチィパッパさんの何かしら参考や力になってくれたら嬉しいです。

よくわかりにくかったのですがチィパッパさんも多頭飼いなんですよね。
白血病の子が一匹いると、ネットで情報拾うと恐ろしい事ばかり書かれている事が多いのでさぞや心もお疲れかと思います。
まずは思いつめないようにして下さいね。
お世話になっている猫ボランティアさんからアドバイスを受けたのですが一番大事なのはすごい多額な治療をする事でも、すごいいい生活をさせてあげる事ではなくて(勿論、そうできれば嬉しいですがww)なるべく傍にいてあげる事、だそうです。
私の中でこの言葉はすごく胸に突き刺さりました。
寂しがらせないことが一番、「あなたを思っているよ」という態度が一番、大事なんではないでしょうか?
私も金銭にはお恥ずかしい事に不自由しておりまして(^_^;)まず自分の生活と家族が大切ですからそんな「30万円」などといわれたら同じ選択をするかもしれないです。
お金さえあれば、と悔しいお気持ちもよくわかります。
でもですね、その子…原因不明でなくなってしまった子は幸せだったんじゃないですか?
私はそう思いますよ…生活ギリギリまで考えて下さったんですから。

まずは肩の力を抜きましょう。
なるようにしかなりません、でもあなたが夜寝れないようではいけません。
皆、猫に限らず私もあなたも限りある命です。
その目の前の子の限りある命を、心をずっと寄りそってあげればいいと思います。
ちゃんと猫の方でもわかってると思いますよ(*^。^*)

生意気な事を書きましたが私もこう、一年かけてこんな考えに到達してます。
お互い頑張りましょうね!

あ、まれに白血病が治るケースもあるんだそうです。
経験者さんとお話ししました。
様子見ていて「あれ?元気?」と思うような事があればもう一度検査してみることをお薦めします。
私ももう少し様子見て再検査しようかなと思ってます…定期的にした方がいいみたいです。
懐は痛いですけどねww

ちいまろ

三匹の猫と一羽のうさぎと暮らしてます。
白血病だったまきちゃんは2018年4月21日に虹の橋を渡りました。